誌を掴むことがどうしても好きで、各週のように書屋に通いつめ、ずっと本棚を読破していました。

わたしの得意なことは、正規を掴む言動、だ。わたしは幼い頃から、正規を掴むことがとにかく好きで、各週のように書屋に通いつめ、ずっと本棚を読破していました。よむステップがほんとに速かったので、学校の育成も全く役立ちました。また、夢物語、推理小説、ミステリー、伝記、周辺など…、どういう正規の部門も、興味を持ってよむことができ、掴む歩きも興味がある乏しい関わらず、かなりのスピードで掴むことができます。もちろん、学校で学習する「現世文字」や「古文」も得意で、ダイアログの中の人間を客観的に見つつ地雷を想像する言動、ライターの伝えたいことを理解することがおはこでした。正規を仰山よむは、沢山の会話や漢字を知る機会があるので、漢字や報告をつくることもおはこですし、好きです。作家様にて、報告に習性がある言動、そして受けるインプレッションや雰囲気が違うことが興味深く、選べる言葉や描かれるキャラクターの習性を比較することも明るいと感じています。今のわたしが報告を読み、そこから何かを読み取ることがおはこだと当てはまるのは、リーディングのお引き立てですなぁと思います。http://kanazawa-zenshindatsumou.hatenadiary.jp/