身は中学生、ハイスクール時代にはイングリッシュは一体全体一所懸命演習しました。

自身は中学校、高校生時代には英文はちゃんと一所懸命勉学しました。
他の方面に対して英文が一番場所を稼ぎやすいと思いました。
中学校現代は習った言い回しはその日のうちに復習して徹底的に憶えました。
そうして中学の英文の医師にはメモ勉学をすすめてくれました。
具体的なやり方は新しく習った言い回しを10回書き、そして本の文章といった和訳を
メモに書いて、医師にはんこを味わうという対策でした。
英文の結果にも反映されたので、一所懸命メモ勉学をしました。
自身は次の日の方面にはきっちり医師にはんこともらいにいきました。
このような修行を医師は高く評価してくれました。
おかげさまで中学校時代の英文の結果はかなりトップクラスでした。
そうして高校生に入るという予習が義務付けられました。
次の日の方面までに、本のEnglishを和訳したり、ワークブックの面倒を解いたりしました。
高校生現代も予習は毎度外すことなく行いました。
その結果、高校生時代の英文の結果はTOPで医師にもしばしばほめられました。
最も中学校、高校生現代は英文の結果においてはお家芸できました。http://www.scuole-vigezzo.com/