仲間がギターを始めたから結末で…

自分の学生時代は 、バンド最高潮でした。

学校に行けば、勉強など放置で
仲よしと流行りの曲、好きなミュージシャンのことを
ブレイクタイム総合使って
レクチャーの中で熱っぽく語りあったものです。

ありがちな話ですが、バンドを組む鍵は
「仲よしがギターを始めたから結末で…」
という人たちは多かったと思います。

基盤を弾くパーソンは、じゃんけんで負けたからというのも
バンドのある残る材料の一つだ。

仲よしのベッドにはいつもギターが横たわっていました。
今や旦那を通り越して愛人ですね。
楽器に触っている時間はどっちが多いかを
ムダに競い合っていたのが思い出深いだ。

バンドアクティビティーは思っていたよりも危険でした。

特訓ワークショップを借り上げる収入もなく
会員全員がそろって特訓やる配列が見つからず
最終的に落ち着いたのは
わが家の近所にある一般人体育館未満のBGM室でした。

塀にヒビが入ったズタボロのBGM室で
けんかしながらも自由気ままに
支えというプレーできたのは最高に有難いおみやげだ。

只、リアルタイムをすることもなく
バンドは解散してしまいましたが
おんなじ目的の元に支えが入り込み
お互いの真意を交えながら何かを生み出すという体験は
至極素晴らしいものだったと思います。おすすめはこちら!